Selected Entry

WIT STUDIOさんによる描き下ろしイラスト

国内/海外にて、色々活動してます

最近のBEATLESS関連の動きについて、ご報告です。
beatless_wit001_finish.jpg
■Tokyo Otaku Modeにて『BEATLESS』英語版ウェブ連載
http://otakumode.com/sp/beatless
アニメ・漫画・ゲーム・コスプレなど日本のポップカルチャーを世界に発信し、
Facebookで1,400万ものファンを有する「Tokyo Otaku Mode」と、月刊ニュータイプ誌のコラボレーション企画が始まりました。
翻訳を担当するのは、冲方丁『マルドゥック・スクランブル』、伊藤計劃『虐殺器官』などの英語版を手がけた、Edwin Hawkes氏です。
今回の企画は5月末までの予定ですが、可能であれば、その後永く続けていける企画にできないだろうかとも考えております。
■月刊ニュータイプにて、WIT STUDIOイラスト描き下ろしのビジュアル企画を連載
Tokyo Otaku Modeさんと連動した企画です。
イラスト制作はWIT STUDIOさん、原画は『ギルティクラウン』『進撃の巨人』のアニメーター門脇聡さんで、今後もハイクオリティなイラストが発表される予定です。
日本国内では今年中に、こちらのイラストを使った新展開なども検討しております。

Inside_BEATLESS.jpg
■キャラクターデザインのredjuiceさんの同人誌
こちらは一般書籍ではないのですが、キャラクターデザインのredjuiceさんのサークルがTokyo Otaku Modeや即売会等で展開する同人誌『INSIDE BEATLESS』が発表されています。
内容は小説『BEATLESS』の副読本となっており、世界設定に関する新情報も盛り込まれています。草野剛デザイン事務所のメンバーの方々も参加された装丁・デザインワークが大変素晴らしく、現在大きな反響を呼んでおります。
興味を持たれた方は、この機会にぜひ小説版の『BEATLESS』もお試しいただければ。

Malaysia01.jpg
Malaysia02.jpg
Malaysia03.jpg
■マレーシア・クアラルンプールの「Comic Fiesta2013」に出展
シンガポールに続き、マレーシア最大のアニメイベント「Comic Fiesta2013」に『BEATLESS』が出展。イラスト展示や、グッズの販売などを行いました。
redjuiceさんもゲストとしてステージに登壇。ライブペイントなども行われました。

今後も少しずつ、活動を進めていきますので、応援宜しくお願いします。

< NEXT   PREV >

Past Entry

?